おさんぽ番組 PR

【田園調布】お散歩スポット7選|19.11.2.有吉くんの正直さんぽまとめ!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
サマー
サマー
こんにちは、サマー(@osanpo_com)です!この記事はTV番組『有吉くんの正直さんぽ』のまとめ記事です。番組で訪れた人気のお散歩スポットを放送エピソードを交えご紹介します。

お散歩エリア
田園調布』駅周辺

『拘りの強いお洒落な名店を続々発見!』
2019年11月2日(土)放送分

ゲストさんは…

  • ビビる大木さん
  • 若槻千夏さん

明治の実業家・渋沢栄一氏が街づくりを手がけた日本屈指の高級住宅街『田園調布』。北欧の可愛らしい雑貨や高級食パン専門店、老舗のパテ専門店などお洒落でユニークなお店がいっぱいです♪

サマー

ショーパン産休から7ヶ月ぶりの復帰!

今回のお散歩スポット

Sticka / 高級食パン専門店 嵜本 / tk-kota / 絃楽器Ueki / PATE屋 / 田園調布アンティーク館 / La butte boisee

Sticka|北欧のビンテージ食器が揃う古民家!

ショーパンがせっかく帰ってきたのに意外とあっさり始まりました(笑)「もう一人でいいかな~」と意地悪な有吉くんですが、お会計とか大変だったと回想します。

サマー

やっぱり2人のコンビが良い!

さっそく豪邸が立ち並ぶ住宅街を歩ていくと、「ありー!」と微妙な距離感で大木さんが登場。有吉くんのピンマイクを直しつつお散歩開始♪

――すると「見たことのないフルーツが落ちてるよ」と有吉くん。なにやらさくらんぼのような見た目ですがボツボツがついています。

こんなの落ちてるの田園調布だけだよと、大木さんに謎のフルーツ食べさせようとする有吉くん。結局これは『ヤマボウシ』と呼ばれる木の実でした。

ヤマボウシとは?
ミズキ科の落葉高木。実は熟すと甘くジャムにすると美味しいそうです。

再び歩いていくと、看板は有りませんがジブリに出てきそうな可愛らしいお家を発見。

恐るおそる覗いてみると、沢山の食器が並んでいます。「大木の娘に買ってやろうか!」とお馴染みのパターン。すでにTシャツも絵本もプレゼントしています(笑)

こちらは北欧の雑貨を扱うお店『Sticka(スティッカ)』さん。ご店主は北欧の食や旅の本を何冊も手掛けてきたコピーライター。北欧のライフスタイルや食器の色合いに魅せられ、定期的に旅をしながら現地で買い付けてきたヴィンテージ雑貨を販売しています。

サマー

北欧ならではの温かみに満ちた食器は、和洋食問わずマッチし大人気!

気になったのはロイヤルコペンハーゲンが毎年違うデザインで展開していた人気の<イヤーマグ>。1974年と書かれ、有吉くんと大木さんが生まれた年のデザインです。

ロイヤルコペンハーゲンとは?
デンマークが世界に誇る陶磁器のトップブランド。手書きで温かみのある多彩なデザインは時代を国境を越え愛されています。

ちなみにご店主は北欧と日本を行ったり来たりしているため、お店を開けるのは“月に数日”とのこと。その度に新たらしいアイテムが増えるのでそれを楽しみにしているファンも多いそうです。

※ご来店の際はHPにてご確認ください

紹介されたアイテムはこちら!
  • フィンランド・花柄カップ&ソーサー(¥9,900)
  • フィンランド・テーブルクロス(¥4,290)
  • デンマーク・イヤーマグ1975年(大¥14,300・小¥6,600)
  • スウェーデン・木製取手のカトラリー類

【参考】SNS投稿・口コミ

『Sticka(スティッカ)』info

住所
東京都大田区田園調布3丁目4-7
アクセス
東急目黒線・東急東横線「田園調布駅」より徒歩2分
URL
Sticka
SNS
@allgodschillun
MAP

嵜本|行列のできる高級食パン専門店!

ショーパンがお母さんになり感慨深げに歩を進める3人。駅前へとやってくるとパン屋さんが目に留まり「ここ行ってみたいです!」とショーパン。

先輩から聞いていた有名なパン屋さんだそうで、中にはいると良い~匂い!食パンがユニクロのTシャツみたいなパッケージで並んでいます。

こちらは大阪に本店を持ち行列ができる高級食パン専門店で、日に7回焼き上げる食パンはすぐに完売してしまうほどの人気。2種類の食パンはそのまま食べてもトーストしても、ジャム・バターを選ぶこともできます。

食パンに合わせるジャムも豊富で果物・ハーブ・スパイスを使用した<フルーツ系>、北海道産生クリーム・淡路島牛乳を使用した<ミルク系>、抹茶・小豆・きな粉など和の食材を使用した<ジャポニズム系>と軽16種類そろえられています。

オーダーステップ!
  • select.01
    食パンを選びます!
    極美“ナチュラル”食パン(¥280)
    →クセが無く日本人の口に合うといわれるカナダ産の小麦を使用。生地に湯種と呼ばれる予め熟成させた小麦粉を入れることでしっとり感が持続。小麦の優しい香りとほのかな甘さが楽しめます。

    極生“ミルクバター”食パン(¥300)
    →ナチュラルの生地に北海道産の牛乳や生クリーム、バター、はちみつを混ぜ込んだミルクバターパン。低温で長時間発酵させた後、発酵度合いの違う生地を加えこねる工程を繰り返します。ふわふわでありながら、とろけるような食感が特徴です。
  • select.02
    食べ方を選びます!
    トースト or 生食パン(12:00~)
    & 3種のお好きなジャム(+¥200)
    & 3種のお好きなジャム+北海道バター(+¥300)
    & 3種のお好きなジャム+フランス伝統発酵バター エレシ(+¥500)
    & 北海道バター(+¥100)
    & フランス伝統発酵バター エレシ(+¥300)
ジャムは全16種類!

●ストロベリーガーネット●オレンジトパーズ●ブルーベリーサファイア●ルビーローズフランボワーズ●トルマリンレモン●ミルクバターパール●ピスタチオパール●ノワゼットパール●ラムレーズンパール●オペラパール●ドライフルーツナッツパール●アールグレイパール●琥珀きなこ●黒ごま真珠●あずき珊瑚●翡翠抹茶

おススメのセレクト!
  1. 強い甘みが欲しい時!
    『ミルクバター食パン』+『ミルクバターパール』
  2. さっぱりと食べたい時!
    『ナチュラルトースト』+『ラムレーズンパール』

そのまま食べても、トーストやバターをつけても「最高!」「おいしい!」と3人とも絶賛。なんの過不足もなく丁度いいと大満足でした。

サマー

ワンプレートで見た目も激カワ!!

3人が注文したメニューはこちら!

有吉くん極美“ナチュラル”食パン(¥580)
→トースト+エシレバター
大木さん極生“ミルクバター”食パン(¥800)
→トースト+エシレバター+3種のジャム(抹茶/ピスタチオ/ミルクバター)
生野さん極生“ミルクバター”食パン(¥500)
→生+3種のジャム(ストロベリー/レモン/きなこ)

突然「俺も芸能界の食パンになりたい」と大木さん。それに対しどうゆう意味なのかを明らかにする前に「どうしてですか?」とショーパン(笑)

その心は《バターを乗せようがジャムやハムを乗せようが何でもいける》ということらしいのですが、有吉くんに「おまえは食パンじゃなくプレートだよ」とバッサリ斬られる大木さんでした。

主なテイクアウト商品はこちら!
  • 極美“ナチュラル”食パン(2斤サイズ¥900)
    →毎日食べたい、どんな食べ方とも相性の良い食パン。
  • 極生“ミルクバター”食パン(2斤サイズ¥950)
    →そのまま食べたい、何もしなくても美味しい食パン。
  • 28mm style 極生“ミルクバター”食パン(¥300)

【参考】SNS投稿・口コミ

『高級食パン専門店 嵜本(さきもと)』info

住所
東京都大田区田園調布2-49-15
電話番号
03-5755-5371
営業時間
11:00~18:00
定休日
なし
アクセス
東急目黒線・急東横線「田園調布駅」より徒歩1分
URL
高級食パン専門店 嵜本
MAP

tk-kota|用途にあったMyアロマ作り!

食パンに大満足でお散歩を再開すると「わぁっ!」と若槻千夏さん登場。有吉くん「電気毛布巻いてどうした?」とこの日のファッションを早速いじります(笑)

若槻さんからの質問でショーパンに出産祝いをあげていないことが判明した有吉くん。すると「これにしようか!」と足を止めたのは手作りアロマ体験のお店。

サマー

出産祝いなんてやりそうもないけどあげてほしいな~

お店に入ると一斉に「良い香り~」と癒されます♪

こちらはアロマインストラクターのご主人が経営するアロマ専門店。アロマ・エッセンシャルオイル・ハーブの販売やアロマアドバイザーのレッスンもできるそうです。

エッセンシャルオイルとは?
植物を蒸留したときに植物の中から採取できる精油成分。

さらに好きな香りを使ったルームコロン・化粧水・ハンドクリームなど手作りアロマ体験ができます。

アロマ体験ステップ!
  • step.01
    作りたいアイテムを選びます!
    ルームコロン(50ml):リラックス・リフレッシュ
    ジェル・クリーム(15g):のど不調ケア・ニキビケア・虫刺されケア
    ブレンドオイル・トリートメントオイル(10ml):肩こりケア・スキンケア・ストレスケア・心地よいお休み・足の疲れケアなど
    ローション化粧水・アフターシェーブローション(30ml)
    ローズヒップ油で作る自然派美容液(5ml):保湿・スキンケア
    シアバター・ハンドクリーム(13g):保湿・スキンケア
    練り香水
    (10g)
  • step.02
    好きな香りを選びます!
    すっきり系:ローズマリーカンファー・クローブ・ウィンターグリーン・ペパーミント・アルペンシスミント
    ウッディー系:アトラスシダー・シダー・ジュニパー・サンダルウッド・ブラックスプルース
    フラワー系:イランイラン・カモマイルローマン・ネロリ・ラベンダーアングスティフォリア・ローズ
    柑橘・シトラス系:レモングラス・オレンジスイート・ユーカリレモン・マンダリン
    他20種類以上の香り!
  • step.03
    原料を取り分けかき混ぜます!
    例1.ハンドクリームならシアバターを13g取り分け植物性油を加えよくかき混ぜます。
    例2.ジェルクリームなら15g取り分け好きな香りを滴下しよくかき混ぜます。(5滴までOK)
  • 完成!
    手作りアロマ体験(¥2,500~)

さっそく4人も挑戦。有吉くんと若槻さんはハンドクリーム、大木さんはジェルクリーム、生野さんはルームコロンに。

サマー

ジェルクリームはユーカリやペパーミントを混ぜることで、ノドのケアにも使えるんだって!

ハンドクリームの原料となるのは木の実から採れる植物性油脂<シアバター>。そこに植物油を加えかき混ぜていきます。

完成したハンドクリームを付けすぎて手がベトベトテカテカの有吉くんでした(笑)

4人が手作りしたのはこちら!

有吉くんハンドクリーム(ローズの香り)
大木さんジェルクリーム(ユーカリレモン&ペパーミントの香り)
若槻さんハンドクリーム(オレンジスイート&レモングラスの香り)
生野さんルームコロン(リトセア&マンダリン&オレンジスイートの香り)

『tk-kota』info

住所
東京都大田区田園調布2-50-12
電話番号
03-6715-6332
営業時間
11:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日
アクセス
東急目黒線・東急東横線「田園調布駅」より徒歩3分
URL
tk-kota
MAP

絃楽器Ueki|プロの演奏家がいる工房!

「わぁ嬉しい!」と作り立てのコロンを外で吹きかけまくるショーパン(笑)はしゃぎながらお散歩していくと楽器屋さんを発見します。

こちらは50年の歴史を持つヴァイオリンやチェロの弦楽器専門店。初心者用からヴィンテージの高級品まで100点以上の弦楽器を取扱い、販売・修理・メンテナンスを行っています。

オーナーさんはプロのチェリスト。プロならではの的確なアドバイスが好評で、絶大な信頼をよせられています。

工房に置いてある一番高いヴァイオリンは、1700年代に作られたという『ヨーゼフ・ガリアノ』。

サマー

なんとフェラーリを買えちゃうって!

「良かったら弾いてみますか?」の言葉に遠慮しつつも、「おれ内村プロデュースでやったことある」と有吉くん。ハンドクリームでベタベタの手を気にしながら意外と綺麗な音色が出せました♪

大木さんはチェロに挑戦!謎の春日部カントリーロードを演奏するも、職人さん達が作業をされているため「うるさい!」と言われ終了(笑)

最後はご主人による素敵な演奏でがっちり締まりました。やっぱりプロは違います……

『絃楽器Ueki』info

アクセス
東京都世田谷区玉川田園調布1丁目4-3
電話番号
03-3721-2440
営業時間
10:00~18:00
定休日
月曜・日曜・祝日
アクセス
東急目黒線・東急東横線「田園調布駅」より徒歩6分
URL
絃楽器Ueki
MAP

PATE屋|老舗のパテ専門店!

「お腹空いた~」と若槻さん。パン屋を見つけますが3人はさっき食べたのでスルー。すると緑に覆われた不思議なお店を発見します。

こちらは1973年に創業したパテの専門店。元々海外暮らしだったご店主が《パテの味を日本人にも伝えたい》との思いでオープン。当初はレバーパテとポークリエットのみでしたが、現在では10種類前後をラインナップしています。

主なラインナップ
  • レバーパテ(100g¥600)
  • ポークリエット(100g¥600)
  • 茄子ペースト地中海風(100g¥600)
  • いかの墨煮(100g¥600)
  • そば粉を使ったきのこペースト(100g¥550)他…

創業時から変わらぬレシピで作られている看板メニューの<レバーパテ>は、鶏のレバーとハツをさっとお湯に潜らせた後ミンチにし細かく刻んだ玉ねぎとセロリを大量に混ぜます。

サマー

味付けは塩・ローリエのみとシンプルで、臭みがなく美味しいそう♪

「参ったなぁ……」とクリームチーズも牡蠣のペーストもどれを食べても美味しいと大絶賛でした!

4人が食べたのはこちら!
  1. レバーパテ(100g¥600)
  2. クリームチーズペースト(100g¥550)
    →ブルーチーズが入っているため濃厚な味が楽しめます。
  3. 牡蠣ペースト・法蓮草入り(100g¥600)
    →スモークした牡蠣を使うことで香りに深みをもたせています。
  4. 砂肝カレー風味(100g¥550)

通常はテイクアウト専門なので、今回は特別にお休みだったお隣のカフェスペースをお借りし実食♪

お隣のカフェではこちらのパテを自家製のパンと味わうことが出来ます。

【参考】SNS投稿・口コミ

『PATE屋』info

住所
東京都世田谷区玉川田園調布2-12-6
営業時間
11:00~18:00
定休日
日曜・月曜・火曜
アクセス
東急目黒線・東急東横線「田園調布駅」より徒歩9分
URL
PATE屋
MAP

田園調布アンティーク館|年代物の超高級アンティーク!

「この空き地でいくらするんだろう?」と高級住宅街を再び歩き出す4人。そこでイギリスの国旗が目に留まりクラシカルな佇まいの建物へ潜入です。

こちらは洋館の撮影スタジオ。かつてタレントさんのプロデュースを手掛けていたご主人により、本物のアンティークを使ってタレントさんをよりカッコよく撮影したいとの思いからオープンされたそうです。

サマー

中に入ると映画に出てきそうな雰囲気抜群のお部屋にアンティークがいっぱい!

イギリスから木材を取り寄せて建てた洋館に16~19世紀の希少なアンティークを設置しており、世界的高級ブランドも撮影で使用したそうです。

1680年頃にスペインの貴族が座っていたというゴシックチェア。その立派なイスに腰かけてみると……座り心地は微妙なようです(笑)

16世紀にイギリスの大司教が座っていたというインパクト大の玉座も。大木さんが座ってみると、マッチはしていませんがすっかり威厳に満ちた態度になっていました。

紹介されたアンティークはこちら!
  • イタリア SILIK工房 純金箔ソファー
  • 1750年頃 イタリア製 ヴァイオリンテーブル
  • 1680年頃 スペイン ゴシックチェア
    →スペインの貴族が使用していたイスで、胡桃の木をベースに職人による手作りの釘や鋲で作られています。座面には家紋が刻まれクッションとして馬の毛が使用されています。
  • 1500年頃 イギリス 大司教ゴシック玉座
    →16世紀初期にイギリスの教会で使用されていた玉座。ヘンリー8世が所持していたイスと言われており大司教らが代々使用してきたものだそうです。

【参考】SNS投稿・口コミ

『田園調布アンティーク館』info

住所
東京都世田谷区奥沢6-1-12
電話番号
03-5706-6746
営業時間
8:30~20:30
定休日
なし
料金
3時間¥65,400~
※予約をすれば一般の方も利用可
アクセス
東急目黒線・東急東横線「田園調布駅」より徒歩10分
URL
田園調布アンティーク館
MAP

La butte boisee|野草を使った高級フレンチ!

ランチのお店を探していると気になるお店を発見!入口を探すために若槻さんが走ってくれます(笑)

住宅街に佇む立派な大豪邸はフランス料理のお店。

こちらは箱根の名店『オー・ミラドー』など様々な店で研鑽を積み、フランスでは香草の魔術師と呼ばれる三ツ星シェフのマーク・ヴェラさんにも学んだ腕利きシェフによるフランス料理の名店。

サマー

フランスでの経験を生かした野草を使った料理が評判を呼んでいます!

ここでやっと「ショーパン復帰おめでとう!」の乾杯です♪

お料理に使われた野草に反応する若槻さんに、岡本さんを思い出して「勉強になるだろ」と有吉くん(笑)添えられた野草も花も全部食べれるというのだから驚きです。

美味しくて目でも楽しめる料理の数々に大満足の4人でした。

4人が注文したメニューはこちら!
  1. アミューズブーシュ
  2. 一口オードブル
    • アジャン産ドライプラムとスペイン産生ハムのプロシェット
    • 小樽のスルメイカ赤しそ風味のリゾット詰め
    • 函館のつぶ貝と南瓜のクルスタード
  3. 伊東沖の伊勢エビ 秦野の秋野菜 ラトビア産キャビア (前菜)
    →甘さとコクがあるホワイトバルサミコをオン。添えられたペンタスというお花も食べられます。
  4. 小田原の真鯛のポワレ牧島さんのフェンネル風味 (魚料理)
    →香ばしく焼いた真鯛に刻んだ香草フェンネルを加えた米油を合わせています。
  5. 肉料理(どちらか選択)
    • エゾ鹿のロース肉のロティ 信州立科の五味子のソース
      →肉質がしっかりとして濃厚なエゾ鹿。自身の脂を回しながら焼き上げ全体に火を入れ、五味子にエゾ鹿の筋肉でとったフォンドボーを合わせた一皿。
    • 但馬牛のソテー 白神山地の天然きのこ 椎茸ソース
      →60日間熟成させた但馬牛に香りの強い香茸のソースを合わせた一皿。凝縮された旨味は芳醇なキノコの香りと相性抜群です。
  6. デザート
  7. オーガニックフレッシュハーブティー or コーヒー
  8. プティフール

ランチコース(¥10,560)

ショーパンがいなくても寂しくなかったという有吉くん。むしろ「1人で番組を支えていた俺にも功労賞がほしい」と自分で言い出す有吉くんでした(笑)

【参考】SNS投稿・口コミ

『La butte boisee(ラ・ビュット・ボワゼ)』info

住所
東京都世田谷区奥沢6-19-6
電話番号
03-3703-3355
営業時間
【ランチ】12:00~14:00(L.O. )
【ディナー】18:00~21:00(L.O. )
※土曜・日曜・祝日のディナーは18:30~
定休日
毎週月曜・毎月第二火曜 ※祝日の場合は営業
アクセス
東急東横線「田園調布駅」より徒歩10分
URL
La butte boisee
MAP

まとめ

今回は高級住宅街ならではの見た目も質も高い専門店が沢山ありました。

高級食パンに始まり、珍しいパテ専門店や住宅街でフランス料理など舌が肥えそうなグルメ他、北欧雑貨や弦楽器の工房、アンティーク館など見所も満載のお散歩でした!

ショーパンも復帰し有吉くんのお支払いという重荷も無くなり、また元通りの正直さんぽ楽しみです♪

サマー

今回の視聴者プレゼントはStickaさんの「1975年イヤーマグカップ」でした!

本記事の内容は番組放送当時のものになります。店舗情報や金額など変更している場合がありますので、正確な詳細は各ホームページ等でご確認ください。